読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「この世界の片隅に」旅行:呉へ 最終回

翌朝、二日酔いもなくホテルをチェックアウト。朝食は呉の百年食堂である森田食堂へ。(1913年創業当時は旅館として、 現在は食堂として三代続いている)

「この世界の片隅に」旅行:呉へ その2

呉冷麺を食べた後は「大和ミュージアム」へ。

「この世界の片隅に」旅行:呉へ その1

このブログの12月の記事。 映画館で「この世界の片隅に」を観よう! これに続いて、冬期休暇を利用して12月29日から「この世界の片隅に」のモデルとなった呉へ。いわゆる「聖地巡礼」に行ってきました。

「第5回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」観戦記 後編

後編は入賞者それぞれのリハーサルについて。

「第5回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」観戦記 前編

4月29日、今年で21回目になるTokyo Cantatの企画である「第5回若い指揮者のための合唱指揮コンクール」へ行ってきました。 https://www.facebook.com/events/459527850921319/ 2年に1回開かれるこのコンクール。ビデオでの事前審査は日本人の合唱指…

「コンクール出場団体あれやこれや:出張版2015」(その7)

室内合唱の部が終わって、 次の日22日に混声合唱の部…なのですが! 今日は毎年恒例の下見ツアーの様子をお送りします。 撮影した時期もバラバラ、 機材もiPhoneやデジカメのが混在していますがご容赦を。 長崎は今日も雨だった…って若い人には通じないんだ…

長崎全国大会へのご案内

11月に入り、長崎での全国大会まであと3週間を切りました。みなさん風邪などひかれていないでしょうか?ところでツイッターでの全日本合唱連盟公式アカウントさんがこんなツイートを。 【全日本合唱コンクール #長崎合唱全国】 大職一部門の全国大会入場…

九州大会感想 番外編

今回は各団体の感想では無く番外的なものを。

九州大会感想

9月13日、アクロス福岡シンフォニーホールで行われた全日本九州合唱コンクール大学職場一般部門へ行ってきました。

「とめはねっ!」と井上有一氏の書

夏季休暇。帰省で札幌から岡山へ戻る途中に東京、そして初めて群馬に寄ってきました。

CAさんの練習について

夏休み。8月12日に東京へ寄った際、CAさんの練習を見学させてもらったのだが、行ってとても良かった。

「コンクール出場団体あれやこれや:出張版2014」(その8)

室内合唱の部が終わって、 次の日23日に混声合唱の部…なのですが! 今日は毎年恒例?の下見ツアーの様子をお送りします。 写真を撮った日付も2月や10月、 デジカメからiPhoneなど様々ですがどうかご容赦を。 高松行きとなると私が住んでいる岡山からは …

1府3県旅行記 最終回

「さきと」を出て歩いてしばし。路地裏に明かりが灯る「ビストロ・シェ・ラパン」という店だ。

1府3県旅行記 その7

<前回のあらすじ>「西の横綱」と称される名居酒屋「さきと」へ入店した文吾とSさんは・・・。

1府3県旅行記 その6

さて次の日、チェックアウトしてから福岡へ向かう。(後から考えたら話題の武雄図書館に行けば良かった…)

1府3県旅行記 その2

21:33分、佐賀到着。「文吾さん、待ってたよ!」

1府3県旅行記 その1

先週の土曜から月曜までの3日間、岡山から京都、滋賀、佐賀、福岡と1府3県を回る旅をしてきました。慌ただしくもなかなか楽しい旅行だったので備忘録がてら記してみます。

瀬戸内国際芸術祭 小豆島1

2010年が1回目。 そして今年、2回目となる瀬戸内国際芸術祭2013。 http://setouchi-artfest.jp/ 春に直島へ行き大変楽しかったのだけど、 その際、春夏秋3シーズンのチケットを買ったのですね。 直島へ一緒に行った同僚から 「せっかく3シーズン…

戻りました

岡山の自宅に到着。 洗濯などもろもろを片付け、仮眠を取ってから書いてます。 札幌も滞在時は「暑いねー」とか言ってたけど、 やっぱり岡山はもっと暑いです(笑)。 この休みはネタとしてかなり充実しておりまして。 ブログに書けそうなものはちょっと憶え…

瀬戸内国際芸術祭 小豆島へ1

せっかく瀬戸内国際芸術祭3シーズンのチケットを買ったんだから 連休中に小豆島へ行こう!と同僚(年上)に誘われたのが 1週間前。 ああ、このところ忙しく職場は日曜だけが休みなため しかもそれが合唱イヴェントで潰れることが多く、 なかなか行く気になれ…

大分旅行記 最終回

2皿目の餃子が無くなる頃にはカウンターも半分以上埋まり、 持ち帰りの餃子を頼む人で店はかなり賑わってきた。 なるほど、やはり人気のある店なんだなあ。 腹ごなしに駅周りをぶらつくことにする。 夕暮れから夜へ移ろうとする別府の町。 こうして目的も無…

大分旅行記 その6

地獄を2つめぐった後は鉄輪温泉の蒸し湯へ。 新しい下着に替えて言われたのは 蒸し湯の中にいられる時間は8分だとか。 8分?短すぎじゃないか。 しかも1回しか入れないという。うーん。 かがんで低い天井の、人が4人寝れるほどの狭く薄暗い部屋へ。 先客…

大分旅行記 その5

竹瓦温泉を出た後は地元民Mさんのご紹介で 「アリラン」という焼肉屋へ。 昼から焼肉? そう疑問に思う方もいるかもしれないが 別府では温泉卵や温泉プリンの他にとあるものが 名物料理とされているのだった。 カウンターもある、なかなかオサレな焼肉屋へ入…

大分旅行記 その4

ウイステリア打ち上げが終わった後、 Sさん、Mさんと合流し、飲みに。 「る●ぶ」を出して「別府の温泉ならどこがいいんだろう?」と 別府地元民のMさんに尋ねる。 「…う〜ん、この青い色の温泉は食事をしないと入れませんよ?」 そっかー、この泥湯と露天風…

大分旅行記 その3

さて、演奏会までまだ少し時間がある。 ホテルまでの道をぶらついていると 居酒屋と小料理屋の中間位の店の先に 「だんご汁定食」という文字を発見。 おお、大分の郷土料理「だんご汁」! 食べたいと思っていたのだ。 しかしだんご汁へ続く値段が 「1600…

大分旅行記 その2

ホテルにチェックインし、ホテル内の天然温泉を楽しんだ後、 大分市内の観光がてら目的地へ。 実は「磯崎新の『都庁』」という本を読んで以来、磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ作者: 平松剛出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/06/10メディア: 単…

大分旅行記 その1

6月の中頃。 疲れていた。 非常に、疲れていた。 職場が急に忙しくなり連日の長時間残業。 毎週の休日出勤に加えこの状況が最低8月まで続くとか。 梅雨に入り蒸し暑い職場環境で同僚たちはみな疲れた顔を引っさげ ピリピリした空気をまとわせている。 肩こ…

松山のみくい記 最終回

さて、ぜんぱくさんと後輩の男子大学生、そして私の3人は

松山のみくい記 その2

ふたたび市電に乗り、「赤丹」へ向かう。 ・・・アレ?待ち合わせ時間を数分過ぎているのに ぜんぱくさんの姿が見当たらない。 もう中に入っているのかな?と開け放した扉から店内をのぞくが、いない。 すると背後から笑いを含ませた声で「文吾さーん(笑)…

松山のみくい記 その1

大分の記憶も鮮やかなんですが (ウイス感想、書いております。もうしばしお待ちを…) CWSのため松山へ行った際、 素敵な店、前から行きたかった店を訪れたのでした。 そんなわけでその3店をご紹介します。

鶴橋へ韓国料理を食べに行った 続き

「福ちゃん」の前に着き、おそるおそる扉を開けると メガネをかけた、ピリピリした雰囲気のオバチャンが現れる。 「予約のヒト? ハイッ!こっちネ!!」 6人で大騒ぎする先客の、横のテーブルへ。 席に座り、そう広くない店内を見回すと韓国のテレビ番組が…

鶴橋へ韓国料理を食べに行った

今年の4月頃、 「なにコラ演奏会終了後にどっかで飲み会しようよ。 いい場所ない?」 …みたいなやり取りをCAの某お姉さまとしていたのだけど 体調不良などですっかり忘れていたのでした。 んで、なにコラ演奏会数日前に思い出し某お姉さまに尋ねたところ 「…

トルコライスを求めて

さて、長崎:軍艦島へ向かう前に 腹ごしらえをしとこうと思ったのですよ。 長崎駅。龍がお出迎え。 長崎名物と言えば皿うどん、ちゃんぽんなど色々ありますが これを一度食べてみたかった。 その名は「トルコライス」! (デイリーポータルZ「トルコライスの…

長崎・軍艦島へ

「軍艦島」という名前を初めて耳にしたのはいつだったかなあ・・・。 1982年に放送された公共広告機構のCMかもしれない。 丸ごと島ひとつが廃墟という存在の端島(はしま)、通称「軍艦島」。 長崎県の沖合にある、 海底炭鉱のために埋め立てで拡張され…

住んでいる地名と「桜」で検索したらとある神社の名前が出た。 自転車で行けるほどの距離だけど知らない神社だ。 最近はいろいろと気が張っているのか 週末、休みになると力が抜けて立っているのも辛い状況。 それでも桜の花の命は短いしせっかくの晴天なの…

全国大会あれこれ その1

順位表も来年の課題曲も明らかになってもう12月ですが 気分はまだ11月!? そんなわけで今年の全国大会あれこれは・・・。 ●結局、どんなホールだったの? 会場の青森市文化会館。 割合、聴きやすいホールだと私は思ったのですが (ちなみに1日目は1階…

青森の歩き方 その2

さて、昨日に続き、 今日は青森市文化会館の中へ入りましょう。 (三上様、 関東在住のいち合唱好き様に改めて感謝!) まずはホール入口です。 そして楽屋。 さらにリハーサル室も。 最後にステージから客席の風景! いやあ〜、なんだか気持ちが高まって来…

青森の歩き方 その1(写真付き!)

さてみなさん、いよいよ青森での全国大会まで 2週間と少しになりましたが(なってしまいましたが…) 9月の終わりにこのブログで 「青森全国大会へ関連してのお願い」と題して 「会場の青森文化会館の写真がほしーい!」と お願いしたのを憶えていますか? …

青森で、まってらはんでの〜!

引き続き、募集しております。 「第64回全日本合唱コンクール全国大会in青森へ出場する 一般団体への応援メッセージを記入するサイト」 http://bit.ly/nXDv1I いただいたメッセージを読んだら、 ちょっと「じーん」としてしまいました。 部外者の私が心に…

大阪の食 その4

「大阪名物」ということで新大阪駅で食べた「たこ焼き蕎麦」。 ・・・いい加減、ネタで食事するのは止めとこうと思いました…。

大阪の食 その3

昭和町にある人気の串カツ屋を訪れたら1席だけ空いていた。 炎天下の大阪の街を歩いた後のビールと串カツの美味いこと!

大阪の食 その2

食後は瓦町にある大正からやっているという珈琲店で ブレンドと手作りの素朴なドーナツ。 珈琲は店側から「ミルクを入れますか?」と尋ねられ 「はい」と答えるとミルクを入れられて持ってくる! 特別歴史を感じさせるわけでもなく、 どちらかと言えば雑然と…

大阪の食 その1

明治35年創業の店で昼ご飯。 かやくご飯はなぜか懐かしい味。 はまぐりの白味噌汁は予想よりずっと甘く面白い。 茄子の丸煮も旨い。 この後すぐ焼き立てのしまあじが来る。 かなり割高な昼メシだったけど、雰囲気雰囲気!

帰宅しました

先ほど東京から帰宅しました。 まずは東北地方太平洋沖地震において被災された方へ お見舞いを申し上げます。 私も東北地方の知人で安否を確認していない人がいます。 先が見えない不安な状況の中でしょうが、 どうか少しでも早く、良い状況に変わることを願…

榊こつぶ「美味しい名古屋を食べに行こまい」

榊こつぶ「美味しい名古屋を食べに行こまい」 タイトル通り「名古屋メシ」を 地元民の漫画家が紹介するグルメ漫画。 スガキヤ、味噌カツ丼、ひつまぶし、 台湾ラーメン、天むす、あんかけスパなどなど。

近況とこれから

●全国大会一般部門Aグループ・Bグループ演奏順 ブログ:指揮者の独り言から。 演奏順がほぼ決まっているようですね! しかも選曲も8割がた分かっているそうで。 一応、今年の一般部門の「あれやこれや」は書く予定です。 これから色々とメールを書いて送る…

全国会場下見旅行 その2

さて、今回は外から見た 「兵庫県立芸術文化センター」の様子をお伝えしましょう。

全国会場下見旅行 その1

相変わらずご無沙汰してます〜。 ようやく夏の暑さも少し和らいできたような気がしますね。 でも残暑ならぬ、「惨暑」なんて言葉も見つけたりして。ふう。 さて、今年度の全日本コンクール、全国大会の会場は 西宮北口にある「兵庫県立芸術文化センター」で…

全国大会札幌食紀行 その3

腹も膨れたことで次なる店はバーへ。 札幌の、いや日本のバー好きで知らない人はいないと言う店。

全国大会札幌食紀行 その2

講評後はひとりススキノの街へ。 やはり札幌に来たからには羊を食べなくては! ジンギスカンは過去いろんなところへ行って それぞれ旨かったけど。