お勧め本:佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」

青春小説には縁遠くなった年齢ですが「蜜蜂と遠雷」以来、素晴らしい作品に出逢いました。佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」 http://www.shinchosha.co.jp/book/419004/ 第30回 山本周五郎賞受賞作品

合唱3話題

関東旅行の記録も中断しているのですが合唱の話題を3つほど。●お江戸コラリアーずが中高生を招待昨年も「合唱する学生さんとつながりを持つこと」という記事を書いたのですが、今年も。http://bungo618.hatenablog.com/entry/2016/06/25/152309 今年もやり…

「この世界の片隅に」旅行:呉へ 最終回

翌朝、二日酔いもなくホテルをチェックアウト。朝食は呉の百年食堂である森田食堂へ。(1913年創業当時は旅館として、 現在は食堂として三代続いている)

「この世界の片隅に」旅行:呉へ その2

呉冷麺を食べた後は「大和ミュージアム」へ。

立花隆「武満徹・音楽創造への旅」

立花隆「武満徹・音楽創造への旅 」を読みました。 武満徹・音楽創造への旅 作者: 立花隆 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/02/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る とても内容が濃く深い上に781ページの厚さがあるのでこの夏少しずつ…

小説「ヒトリコ」

「合唱」を主軸にした小説を読みました。小学5年生のとき金魚を殺したという濡れ衣を着せられ、それ以来孤立し、みんなに属さない「ヒトリコ」となった日都子(ひとこ)。時が進み「みんなで」を押し付けられる中学校でのクラス合唱のサブ伴奏者に選ばれる…

コンクールと吹奏楽作品2題

あまりにも周囲の評判が良いので、観てしまいました、最後まで。「響け! ユーフォニアム」 TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト 燦き、高らかに鳴り響く管楽器たち。期待を胸に、主人公・久美子は北宇治高校の門をくぐる。しかし、登校初日の入学式…

ハーモニー夏号:穂村氏&清水氏の対談が面白い!

ハーモニー誌夏号が届きました。 会報ハーモニーのページ 穂村弘氏と清水敬一氏の対談がムチャクチャ面白い!ネットで文章を書き始めた頃、現代短歌にハマり、桝野浩一氏と穂村弘氏の本を読みこんだ自分としてはとても嬉しく、興味深い対談でありました。清…

山本文緒「なぎさ」

山本文緒さんの「なぎさ」という小説を読みました。 なぎさ (単行本) 作者: 山本文緒 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/10/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る

昨年読んで良かったノンフィクションなどベスト10 最終回

今回は第3位から第1位まで。

昨年読んで良かったノンフィクションなどベスト10 その2

今回は第7位から4位まで。

昨年読んで良かったノンフィクションなどベスト10 その1

今回は第10位から8位まで。

昨年読んで良かったエッセイ

今回は昨年読んで良かったエッセイ集2冊を。

昨年読んで良かった小説

昨年に読んだ本の中で良かったものを記していこうかと。 今回は小説。 ・・・でも、小説をほとんど読めない年でした。 海外作品もエンターテイメントを何冊か読んだけど ピンと来るものには出会えず。そんなわけで印象に残った邦人作家の3作品です。

夏休みです

一足早く夏休みに入りました。 職場の関係で主な国民の祝日を年末や夏に回すので 比較的長い夏休みなのですが・・・。 まだ読んでいない、いただいた料理本、 図書館で借りたり購入した小説やら ノンフィクションやらコラムやらマンガやら写真集がこんなに・…

いとうせいこう「想像ラジオ」。

いとうせいこうさんの「想像ラジオ」という本を読みました。 想像ラジオ作者: いとうせいこう出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2013/03/02メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (45件) を見る

今ふたたび「青木まりこ現象」

本の雑誌という月刊の書評誌?本にまつわるエンタメ雑誌?を 20年以上愛読しているのですが本の雑誌362号作者: 本の雑誌編集部出版社/メーカー: 本の雑誌社発売日: 2013/07/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る

大分旅行記 その2

ホテルにチェックインし、ホテル内の天然温泉を楽しんだ後、 大分市内の観光がてら目的地へ。 実は「磯崎新の『都庁』」という本を読んで以来、磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ作者: 平松剛出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/06/10メディア: 単…

「必ず役立つ合唱の本」

清水敬一先生監修の「必ず役立つ合唱の本」。 必ず役立つ合唱の本作者: 清水敬一出版社/メーカー: ヤマハミュージックメディア発売日: 2013/01/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る この本、発声の基礎や演奏会のタイムテーブル、 合唱名曲…

2012年に読んだノンフィクションベスト10(3位〜)

第3位 沢木耕太郎「凍」 凍 (新潮文庫)作者: 沢木耕太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/10/28メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 48回この商品を含むブログ (62件) を見る 中国・ネパール国境の山:ギャチュンカン。 標高7,952mの難峰に 山野井泰史・…

2012年に読んだノンフィクションベスト10(7位〜)

ノンフィクション(エッセイ・インタビューなど含む)の 「2012年に読んだベスト10」。 今回は7位から4位まで。

2012年に読んだノンフィクションベスト10(〜8位)

ノンフィクション(エッセイやインタビュー含む)の 「2012年に読んだベスト10」を紹介。

2012年に読んだ小説ベスト7(第1位まで)

今回は第3位から。

2012年に読んだ小説ベスト7(第4位まで)

2012年に発行された、ではなく あくまでも「読んだ小説」で上位7作を挙げてみました。

「コンクール出場団体あれやこれや:出張版2012」(その5)

※この記事は2012年富山での全日本合唱コンクール 全国大会へ出場される一般団体を紹介しております 太田和彦さんというデザイナーで 居酒屋評論家の肩書きも持つ方の 紀行文が好きでよく読むんですが 自選 ニッポン居酒屋放浪記 (新潮文庫)作者: 太田和…

「怪談えほん 悪い本」

怖いと評判の怪談えほん「悪い本」 (作:宮部みゆき 絵:吉田尚令)を読みました。 怪談えほん (1) 悪い本作者: 宮部みゆき,東雅夫,吉田尚令出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2011/10/08メディア: 大型本購入: 5人 クリック: 39回この商品を含むブログ (20…

いしいしんじ「ある一日」

ある一日作者: いしいしんじ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/02/29メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 15回この商品を含むブログを見る

多摩高合唱部の本&多摩高10年前の感想

本田有明「歌え!多摩川高校合唱部」という本を読みました。 歌え! 多摩川高校合唱部作者: 本田有明出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2012/06/20メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 44回この商品を含むブログ (3件) を見る

「銀の匙」と「飼い喰い」

荒川弘さんが描く北海道の農業高校を舞台にしたマンガ「銀の匙」。 札幌の進学校からやってきた主人公:八軒勇吾が体験する カルチャーギャップが面白い作品。 銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)作者: 荒川弘出版社/メーカー: 小学館発売日: 2…

音楽嗜好症

オリヴァー・サックス 「音楽嗜好症 脳神経科医と音楽に憑かれた人々」を読みました。音楽嗜好症(ミュージコフィリア)―脳神経科医と音楽に憑かれた人々作者: オリヴァーサックス,Oliver Sacks,大田直子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/07メディア: 単…

2011年に読んだ本 ベスト11(小説編) 5位〜1位まで

しばらく中断していましたが・・・。 本当はノンフィクションやマンガなども 1月中に書いておきたかったのですよ。 もう3月かぁー! あ、2011年に刊行、ではなく「読んだ」本です。 第5位 高野和明「ジェノサイド」 ジェノサイド作者: 高野和明出版社…

「遠い町から来た話」

ショーン・タンの作品はこのブログでも「ARRIVAL」を紹介したけれど 今回の「遠い町から来た話」は「ARRIVAL」以上に素晴らしい! 遠い町から来た話作者: ショーンタン,岸本佐知子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2011/10/14メディア: ハードカバー購…

2011年に読んだ本 ベスト11(小説編) 11位〜6位まで

2011年に読んだ小説で良かったものを挙げてみると 15冊ほどになりました。 同じ作者の本を除くと11冊。 勝手に順位をつけて、今回は11位から6位まで。 (2011年に刊行された本ではなく「読んだ本」です) 第11位 伊坂幸太郎「バイバイ、ブ…

「くちびるに歌を」感想

くちびるに歌を作者: 中田永一出版社/メーカー: 小学館発売日: 2011/11/24メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 175回この商品を含むブログ (51件) を見る 中田永一「くちびるに歌を」 公式サイト http://www.shogakukan.co.jp/pr/kuchibiru/ 長崎県五島列島…

今村夏子「こちらあみ子」

本は読んでいるんですが以前よりも大分冊数が少なくなっています。 それでも、是非多くの人に読んでもらいたい小説に出会いました。 こちらあみ子作者: 今村夏子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2011/01/10メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 81回この商…

お久しぶりです

ここには何を書くんだったかな・・・。 大変ご無沙汰しております。 文吾です、元気です。 ネットで文章を書くようになって10年ぐらい経っているはずなんですが、 HP、ブログの更新が2ヶ月以上間が空くのは初めてかなあ。 特に何があったわけではないので…

迫川尚子「食の職 小さなお店ベルクの発想」

食の職 小さなお店ベルクの発想 (P‐Vine BOOKs)作者: 迫川尚子出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク発売日: 2010/08/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 26回この商品を含むブログ (14件) を見る 新宿にある個性的なビア&カフェの店ベルク副…

2010年読んだ本ベスト10 (ノンフィクションなど) その4

第4位 上原善広「日本の路地を旅する」 日本の路地を旅する作者: 上原善広出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/12/15メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 122回この商品を含むブログ (30件) を見る 路地とは被差別部落のこと。 大阪の路地出身の著者が…

2010年読んだ本ベスト10 (ノンフィクションなど) その3

第6位 明石昇二郎「グーグルに異議あり!」 グーグルに異議あり! (集英社新書 537B)作者: 明石昇二郎出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/04/16メディア: 新書 クリック: 12回この商品を含むブログ (7件) を見る 集英社新書だからあまり期待しないで読み始…

2010年読んだ本ベスト10 (ノンフィクションなど) その2

第8位 新保信長「国歌斉唱♪ 『君が代』と世界の国歌はどう違う?」 国歌斉唱♪---「君が代」と世界の国歌はどう違う?作者: 新保信長出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2010/05/18メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 27回この商品を含むブログ (…

2010年読んだ本ベスト10 (ノンフィクションなど)

第10位 高橋秀実「おすもうさん」 おすもうさん作者: 高橋秀実 (たかはし・ひでみね)出版社/メーカー: 草思社発売日: 2010/08/24メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 34回この商品を含むブログ (13件) を見る 大の相撲ファンである著者が、 外国人向け…

2010年印象に残った本ベスト10 つづき(小説)

今回は5位から1位まで。 (2010年に発行された本、ではなく 2010年に読んだ本です)

2010年ネットで印象に残ったもの

2010年ネットを巡って「これは素晴らしい&凄い」と 印象に残ったものをピックアップ。

本。そして少女時代を合唱へ生かすことについて

休み中に読むつもりで購入した&図書館へ予約した本とマンガが どわーって重なり、この有様です。

イヴは谷川俊太郎さんのニコ生で

なんと!明日、ニコニコ動画にて 詩人の谷川俊太郎さんが生放送をするそうですよ。 【告知】12/24(金)19時から90分間、 「ニコニコ生放送」に登場! 谷川さんの自宅から生放送します。 『ぼくはこうやって詩を書いてきた』1万部突破記念企画。 お相手は、共…

SHAUN TAN「ARRIVAL」

好きな漫画家と好きな翻訳家が褒めていたので購入した本。「ARRIVAL」。 オーストラリアのイラストレーター:SHAUN TANの作。 古書のような装丁が素敵。

『ぼくはこうやって詩を書いてきた』

『ぼくはこうやって詩を書いてきた ―谷川俊太郎、詩と人生を語る―』 長年の交友のある編集者:山田馨氏と 詩人:谷川俊太郎氏のいちばん最初の詩から 2009年の最新作まで、自作と人生を語る対談集。 かなりぶ厚い本だが、これはかなり興味深く、 なによ…

夏休みに読んだ本 その2

今回は凄いノンフィクション。 ヤノマミ作者: 国分拓出版社/メーカー: 日本放送出版協会発売日: 2010/03/20メディア: 単行本購入: 19人 クリック: 244回この商品を含むブログ (46件) を見る アマゾン奥地でほとんど現代文明と接触せずに 1万年前と同じ狩猟…

夏休みに読んだ本 その1

今年の夏はメチャクチャ暑いんで エアコンの効いた部屋にこもっていた夏休みでした。 読書が進む進む。 読んだ中でオススメの本を何冊か。 今回はこの本です。 サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)作者: タチアナ・ドロネ,Tatiana de Rosnay,高見浩出版社/メ…

東京旅行記その5 ダイアログ・イン・ザ・ダーク

東京2日目。 遅く起きてまた新宿東口を目指す。 ベルク。 ・・・どんだけ気に入ったんだよ、オマエ。 カレーも美味しい。 コーヒーもプリンもなかなか良い味です。 さて、この東京行きの大きな目的その2、のため 雨の中神宮前に向かいます。 ダイアログ・…