札幌食紀行 第4回「スイーツ」

ジンギスカン、ラーメン、スープカレーと続いたこの「札幌食紀行」、今回の「スイーツ」で最終回です。ちょっと待て文吾! 海鮮、特にカニは?お勧めの回転寿司とか触れずにいきなりスイーツ??…なんて声も聞こえるようですが、正直、海鮮でお勧めできる店…

札幌食紀行 第3回「スープカレー」

ジンギスカン、ラーメンと続いたこの「札幌の食」、今回は「スープカレー」です。 前2回の食に比べて知名度が低いスープカレー。何年か前にスープカレーがブームになりかけた時があり。ここ岡山でも駅近くに、札幌に本店があるスープカレーの支店ができたの…

札幌食紀行 第2回「ラーメン」

ススキノ、深夜のバー。良く冷えたマティーニのグラスを傾けると、俺はその女性に言った。「じゃあ・・・そろそろキミの秘密を教えてくれないか?」彼女は恥ずかしそうにうつむいた後、やがて一片のメモを差し出した。*******

札幌食紀行 第1回「ジンギスカン」

今年は札幌での全国大会ということで、札幌出身の私、文吾が札幌の「食」をご紹介するこの企画。ただ、私も札幌を離れて20年近く。年に1回か2回帰省するぐらいで、現在の札幌の人には情報が到底及ばないのは事実。「この店も知らないの?」「それよりこの店…

関東旅行4・高田馬場「菊水 立」

東京混声合唱団を聴いた後は高田馬場にある小料理屋「菊水 立」へ。座るといきなり日本酒が出てきた!

関東旅行2・たぬきや

天国のような飲み屋があると聞いた。酒呑みなら必ず訪れなければならない店だと。そんな店ならぜひ行ってみたい!そう願うのも当然だろう。しかしその店に入店するのはなかなか難しいのだという。まず、雨と風の強い日はお休み。さらに土日に開いている率は…

関東旅行1・築地場外市場

4月28日からゴールデンウイークということで宇都宮と東京へ1週間の旅行をしてきました。 ブログには演奏会の思い出をいくつか残すだけなのですが今回は「食」の方も記しておこうかと。

「この世界の片隅に」旅行:呉へ 最終回

翌朝、二日酔いもなくホテルをチェックアウト。朝食は呉の百年食堂である森田食堂へ。(1913年創業当時は旅館として、 現在は食堂として三代続いている)

「この世界の片隅に」旅行:呉へ その2

呉冷麺を食べた後は「大和ミュージアム」へ。

「この世界の片隅に」旅行:呉へ その1

このブログの12月の記事。 映画館で「この世界の片隅に」を観よう! これに続いて、冬期休暇を利用して12月29日から「この世界の片隅に」のモデルとなった呉へ。いわゆる「聖地巡礼」に行ってきました。

長崎全国大会へのご案内

11月に入り、長崎での全国大会まであと3週間を切りました。みなさん風邪などひかれていないでしょうか?ところでツイッターでの全日本合唱連盟公式アカウントさんがこんなツイートを。 【全日本合唱コンクール #長崎合唱全国】 大職一部門の全国大会入場…

岩見沢東高校合唱部・同OB会 第40回合同演奏会のおしらせ

知人から宣伝してくれ!と頼まれ、 あと別の知人がステージに乗ったり、指揮をしたり(笑) 岩見沢東高校合唱部・同OB会 第40回合同演奏会 継いできたうた 紡いでいくうた〜40年の愛唱曲たち〜 2014年8月16日(土) 開場 14:30 / 開演 15:00 岩見沢市民会館…

旨いビールのお話

西日本も梅雨入りしました。暑くなってきてます。一年中美味しいですが、でもやっぱり暑い時に飲むビールは旨いですよね、というわけで記憶にある旨いビールのお話。

1府3県旅行記 最終回

「さきと」を出て歩いてしばし。路地裏に明かりが灯る「ビストロ・シェ・ラパン」という店だ。

1府3県旅行記 その7

<前回のあらすじ>「西の横綱」と称される名居酒屋「さきと」へ入店した文吾とSさんは・・・。

1府3県旅行記 その6

さて次の日、チェックアウトしてから福岡へ向かう。(後から考えたら話題の武雄図書館に行けば良かった…)

1府3県旅行記 その2

21:33分、佐賀到着。「文吾さん、待ってたよ!」

1府3県旅行記 その1

先週の土曜から月曜までの3日間、岡山から京都、滋賀、佐賀、福岡と1府3県を回る旅をしてきました。慌ただしくもなかなか楽しい旅行だったので備忘録がてら記してみます。

昨年読んで良かったノンフィクションなどベスト10 最終回

今回は第3位から第1位まで。

昨年読んで良かったノンフィクションなどベスト10 その2

今回は第7位から4位まで。

昨年読んで良かったエッセイ

今回は昨年読んで良かったエッセイ集2冊を。

大分旅行記 最終回

2皿目の餃子が無くなる頃にはカウンターも半分以上埋まり、 持ち帰りの餃子を頼む人で店はかなり賑わってきた。 なるほど、やはり人気のある店なんだなあ。 腹ごなしに駅周りをぶらつくことにする。 夕暮れから夜へ移ろうとする別府の町。 こうして目的も無…

大分旅行記 その6

地獄を2つめぐった後は鉄輪温泉の蒸し湯へ。 新しい下着に替えて言われたのは 蒸し湯の中にいられる時間は8分だとか。 8分?短すぎじゃないか。 しかも1回しか入れないという。うーん。 かがんで低い天井の、人が4人寝れるほどの狭く薄暗い部屋へ。 先客…

大分旅行記 その5

竹瓦温泉を出た後は地元民Mさんのご紹介で 「アリラン」という焼肉屋へ。 昼から焼肉? そう疑問に思う方もいるかもしれないが 別府では温泉卵や温泉プリンの他にとあるものが 名物料理とされているのだった。 カウンターもある、なかなかオサレな焼肉屋へ入…

大分旅行記 その3

さて、演奏会までまだ少し時間がある。 ホテルまでの道をぶらついていると 居酒屋と小料理屋の中間位の店の先に 「だんご汁定食」という文字を発見。 おお、大分の郷土料理「だんご汁」! 食べたいと思っていたのだ。 しかしだんご汁へ続く値段が 「1600…

大分旅行記 その1

6月の中頃。 疲れていた。 非常に、疲れていた。 職場が急に忙しくなり連日の長時間残業。 毎週の休日出勤に加えこの状況が最低8月まで続くとか。 梅雨に入り蒸し暑い職場環境で同僚たちはみな疲れた顔を引っさげ ピリピリした空気をまとわせている。 肩こ…

松山のみくい記 最終回

さて、ぜんぱくさんと後輩の男子大学生、そして私の3人は

松山のみくい記 その2

ふたたび市電に乗り、「赤丹」へ向かう。 ・・・アレ?待ち合わせ時間を数分過ぎているのに ぜんぱくさんの姿が見当たらない。 もう中に入っているのかな?と開け放した扉から店内をのぞくが、いない。 すると背後から笑いを含ませた声で「文吾さーん(笑)…

松山のみくい記 その1

大分の記憶も鮮やかなんですが (ウイス感想、書いております。もうしばしお待ちを…) CWSのため松山へ行った際、 素敵な店、前から行きたかった店を訪れたのでした。 そんなわけでその3店をご紹介します。

鶴橋へ韓国料理を食べに行った 続き

「福ちゃん」の前に着き、おそるおそる扉を開けると メガネをかけた、ピリピリした雰囲気のオバチャンが現れる。 「予約のヒト? ハイッ!こっちネ!!」 6人で大騒ぎする先客の、横のテーブルへ。 席に座り、そう広くない店内を見回すと韓国のテレビ番組が…