読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分旅行記 最終回

2皿目の餃子が無くなる頃にはカウンターも半分以上埋まり、
持ち帰りの餃子を頼む人で店はかなり賑わってきた。
なるほど、やはり人気のある店なんだなあ。


腹ごなしに駅周りをぶらつくことにする。
夕暮れから夜へ移ろうとする別府の町。
こうして目的も無く歩き回り
何でもない路地へ入ったり、
ふと見つけた古本屋で本を買ったり、
ゆるやかな坂道を見上げたり・・・
そんなことを繰り返していると何か
「町が体へ入ってくる」ような感覚になる。


観光地を車で移動するのは点だけだが、
こうして歩くことで点が線になり、面になる感覚と言えるだろうか。
そういえば松江に行った時はホテルで自転車を貸してくれて
コンサート会場から松江城や松江北高校まで自転車で動き回り
かなり楽しかった記憶がある。



そうこうしているうちに完全に夜になった。
向かった店は「チョロ松」という別府駅から近い居酒屋。
家族連れや仲間内で盛り上がる活気のある店だ。
さて、何を頼もうかな・・・と壁に貼ってある品名の短冊を眺めていると
若い女性店員さんがぐいぐいお勧めしてくる。
料理について尋ねるとそのまま注文したことになるような勢い!
この店は鴨料理が名物なので注文した後、他に…と悩むと
「刺身、揚げ物、焼き物ならどれがいいですかっ?!」
とすかさず突っ込んでくる。
おいおい、推し過ぎだろう!。
でもこの熱心さ嫌いじゃないな(笑)。






鴨のローストはしっとりした肉質が上等。






名物:鴨吸いは鴨の旨みが濃く出ていて、
スープだけで充分お酒が飲める。






一番気に入ったのは琉球という大分の郷土料理。
この日は鯵の刺身を漬け汁に入れ、
万能ねぎを散らしたもので、
この店では柚子胡椒が良いアクセントとなり
大変おいしゅうございました。






店を出た後は地元の方お勧めの
「ジェノバ」という手作りジェラートのお店。
おじいさんが一人で25年営業されているという。
種類が豊富で選ぶのに迷ったが
さっぱりとした美味しさはなるほど納得の味。



いやあ、温泉、別府グルメと堪能しました!
この後調子に乗って大分の街をぶらつき、
目当ての居酒屋こつこつ庵、訪れたバー3軒ともが
休みだったり閉店してたりで
泣きそうになったりしたけど、
大分、食も人も良い印象ばかりでした。
近いうちに再訪したいですね、できれば今度はふぐの時期に(笑)。





(おわり)