読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CANTUS ANIMAE+MODOKI ジョイントコンサートのお知らせ

合唱広告

 

 

全日本合唱コンクール全国大会で、
近年優秀な成績を収めている2つの熱い団体の
注目すべきジョイントコンサートです!


ぎふ秋の音楽祭2016《合唱の日》コンサートⅡ
CANTUS ANIMAE+MODOKI ジョイントコンサート


◆公演日
2016年10月15日(土) 開場13:30 開演14:00


◆会場
サラマンカホール(岐阜県岐阜市薮田南5丁目14-53)
http://salamanca.gifu-fureai.jp/

交通アクセス
http://salamanca.gifu-fureai.jp/access/index.html


・・・え、なぜ東京の合唱団と佐賀の合唱団が
岐阜でジョイントなの?

細かいことはいいじゃないですか!
では演奏曲目を紹介します。

 



第1部 CANTUS ANIMAE


指揮:雨森文也 
ピアノ:平林知子・野間春美

 


どちらもCANTUS ANIMAEさんの委嘱作品。


・石像の歌(改訂版初演)
原詩:リルケ 訳詩:森田花央里 作曲:森田花央里

5月の演奏会での初演から、
さらにピアノを全面的に改訂されたそうです。
森田さんのこの曲へかける熱い想いは
ご本人のnoteから!
https://note.mu/kaori_morita/n/n0d06b9be7d8d




・二つの祈りの音楽〜混声合唱と連弾ピアノのための〜
(改訂版初演)
詩:宗左近 作曲:松本望

今年のCANTUS ANIMAEさんのコンクール自由曲でもある
「永遠の光」を含む2曲。
最近出版されたばかりです。
http://editionkawai.shop16.makeshop.jp/shopdetail/000000006356/

なんでもこの曲には「号泣スイッチ」が潜んでいるらしく、
練習中に泣いてしまうなんてのはあたりまえ。
遂には初演のピアノを弾き終えた
作曲家ご自身が舞台上で泣いてしまうという出来事が!

nozomimatsumoto-cp.seesaa.nethttp://nozomimatsumoto-cp.seesaa.net/article/437849133.html

 


私がこの曲の練習を見学しに行った時のこと。
演奏が終わり、雨森先生に感想を求められたので
「これから何十回、何百回演奏される、
 歴史のはじまりを体験させていただいている気分です」
と言ったら雨森先生、涙をぬぐいながら
「何百回どころじゃなく、何千回だよ!」

…ひょっとしたら松本望先生の代表作になるかもしれないこの作品。
指揮者、歌い手の尋常じゃないほどの思い入れとともに、どうぞ。


f:id:bungo618:20160603062643j:plain

CANTUS ANIMAEのみなさん

 





第2部 MODOKI


指揮:山本啓之

 


・混声合唱曲  嫁ぐ娘に
詩:高田敏子 曲:三善晃

 


昨年、長崎で行われた全国大会の混声合唱の部にて
この「嫁ぐ娘に」から「戦いの日日」「かどで」を演奏し
第1位の文部科学大臣賞、
さらには優れた邦人曲の演奏に贈られるカワイ奨励賞も
受賞されたMODOKIさん。

そして手前味噌ですが、
当ブログの観客賞でも堂々1位、
加えて全部門全団体を対象にした「観客大賞」でも1位を獲得。
http://bungo618.hatenablog.com/entry/2016/01/22/172924

長崎での演奏直後、
たまたま近くを通りかかった指揮者の山本啓之さんが
こう言われていました。


「あの曲(嫁ぐ娘)は全曲やらないかん!
   岐阜でリベンジや!!」

全曲を通すとわかってくるものがいっぱいあるとのこと。
長崎でMODOKIさんの演奏を聴かれた方もそうでない方も
MODOKIさんのリベンジをぜひお聴き逃しなく!

 

f:id:bungo618:20160603062621j:plain

MODOKIのみなさん

 

 


そして合同ステージも凄い!





第3部 CANTUS ANIMAE+MODOKI

・混声合唱と2台のピアノのための交聲詩海
作詩:宗左近 作曲:三善晃

指揮:雨森文也 
ピアノ:平林知子・野間春美

 


永遠の海に眠る魂への献歌。
6章からなる詩を2章ずつ全3楽章にまとめ、
静謐な海、波立つ海、湧き上がる海、と
様々の表情の中に息ずく生と死を歌い上げる傑作です。

(パナムジカHPから)


そう! 傑作ですが、その難易度から
なかなか演奏されないこの曲。
この曲を演奏するのかー。合同で…。


さらに合同はもう1ステージ!



・二重合唱のためのミサ曲
作曲:フランク・マルタン


指揮:山本啓之



これも言わずと知れた傑作。
2年前にMODOKIさんも取り上げ
全国大会で金賞第2位を獲得されました。
その時のインタビューで山本さんは
「声楽的な力が凄く必要な作品。
 ド真ん中直球160キロを投げる力が試される!」
…と語られています。
http://bungo618.hatenablog.com/entry/2014/11/20/231447

ド真ん中直球160キロ!
その剛速球がステージから投げられるか否か?

そうかあ、この曲を演奏するのかー。合同で…。(2回目)


噂によると用意されているアンコール曲も
「そうかあ、この曲を(略」のような曲らしいです。
たぶんすべて聴き終えた後は、
ムリヤリ餌を詰め込まれる
フォアグラ予定のガチョウの気持ちがわかるんじゃないかな。


 

 

f:id:bungo618:20161004214335j:plain

 

 


◆チケット
一般:2,000円
学生(30歳まで):1,000円
*全席自由

チケット販売ページ(CANTUS ANIMAE HP内)
http://www.cantus-animae.net/modoki_joint2/



さらに


【公開リハーサルやります】


CA+MODOKIジョイント、
当日午前のホールリハーサルを公開します!

2016年10月15日(土)
10:30-12:30

at サラマンカホール

※リハーサルは無料公開


・事前手続は不要

・当日来場された方は皆様入場いただけます


そして次の日も・・・。


美術館コンサート「樹を歌う」
演奏 CANTUS ANIMAE+MODOKI

2016年10月16日(日)
12:30-13:30

at 岐阜県立美術館

入場無料

企画展「樹をめぐる物語」に合わせた曲も。
http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/page5179.php

f:id:bungo618:20161011050318j:plain

 



前回のCANTUS ANIMAE+MODOKI ジョイントコンサートは
2011年3月13日。
そう、東日本大震災がおこった2日後に東京で開催されました。

当時の様子はこのブログにも書きました。

http://bungo618.hatenablog.com/entry/20110327/1301226632




合唱、音楽がなぜ必要とされるのか。
その答えを強く実感したあのジョイントコンサートから5年。
あれから5年、まだ5年。
世界は変わり、CANTUS ANIMAE、MODOKIのみなさん、
そして自分も含め、変わったことも多いかもしれません。

しかし、5年前と変わらない問い。
なぜ自分は合唱を、音楽を求めようとするのか?
その答えを見つけるために、
10月15日、私は岐阜へ向かおうと思います。

同じようにそんな問いを持つあなたも、ぜひ。