読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱団うぃろう第8回演奏会のお知らせ

 

 

 

大学ユース部門で観客賞第1位となった
コール・グランツェさんの指揮者:伊東恵司先生。

その伊東先生が指揮者の、
意欲ある団体の演奏会のお知らせです。





合唱団うぃろう第8回演奏会

 




開催日:2017年2月26日(日)



会場:三井住友海上しらかわホール


http://www.shirakawa-hall.com/


開演:17:00 (開場 16:30)



全自由席 1,000円


チケットの申し込み(うぃろうHP内)
http://www.willow-nagoya.com/%E7%AC%AC%EF%BC%98%E5%9B%9E%E6%BC%94%E5%A5%8F%E4%BC%9A/



演奏曲については・・・
ブログ:まふゆのとおせんぼの書き手であり
うぃろうの団員さんでもある、わたべさんから
送られてきた文章を掲載いたしましょう!

 

 


本年の弊団演奏会は、
2年に1度の「組曲初演」イヤーです。
演奏会ごとに毎回新作を委嘱し、
2年スパンでピースと組曲を
1つずつお願いしてきました。

第6回演奏会までに、
松波千映子、瑞慶覧尚子、
森山至貴各先生に新作をお願いし、
瑞慶覧尚子「チャンスは必ずある」や
森山至貴『かなでるからだ』 など、
話題作も生まれてきています。

今年は、 昨年ピース新作をお願いした
三好真亜沙先生に新曲をお願いしてお ります。
昨年のピース作「どこへ行くの?アリス」に引き続き、
今年の作品名は『いつか虹の向こうに』(仮)
メルヘンな作風の昨年に対し、
今年も面白い作品が来てくれるだろうなと
ワクワクして団員一堂待っております。

そして、もうひとつの組曲作品は、
『二つの祈りの音楽』
CAによる演奏の興奮冷めやらぬ中で、
コンクールと同じ
ピアニストコンビの客演による再演です。
どんな演奏会であろうと、
常に挑戦的なプログラムで、
名古屋に留まらず、
全国の合唱人の話題を呼ぶ
弊団に相応しい選曲であると自負しております。
もちろん、大変な名曲で、しかも難曲ですが、
だからこそ挑戦する価値がある。
今まさに、全力で、この曲に立ち向かおうと
団員一同もがいているところです。

また、アラカルトは、今年も、
「有名所からわけわかんないものまで」、
なんでもかんでも取り揃えております。
今年はちょっとエキゾチックかも?と、
なんとなーく、個人的には思っています。
加えて、いまやうぃろう名物となりつつある
「アレ」も、もちろんやります。
今年もてんこ盛りでお送りします。
2月の終わりにしらかわホールといえば、
やっぱりうぃろう、ということで。

 

f:id:bungo618:20161220062730j:plain

 

 


『二つの祈りの音楽』!
混声版の他団体の再演はこれが初めてではないでしょうか?
しかも伊東恵司先生の指揮、
平林知子先生、野間春美先生の連弾ピアノと
興味は尽きません。

もちろん三好真亜沙先生の新曲、
アラカルトステージも目玉!


残念ながら私はうかがえませんが
良い演奏会になる予感がひしひしとします。

お近くの方も、そうでない方も、
2月26日は名古屋、しらかわホールへ!