読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターカレッジ男声合唱団Voces Veritas 第7回演奏会のお知らせ

 




当ブログ観客賞でも第2位!
http://bungo618.hatenablog.com/entry/2017/01/09/124902

作曲家:松下耕先生が指揮される
インターカレッジ男声合唱団Voces Veritasの
第7回目の演奏会のお知らせです。



インターカレッジ男声合唱団Voces Veritas 第7回演奏会



日時  2017年3月17日(金)


    開場 18時30分


    開演 19時00分

 


    ■ ■ ■ ■ ■ ■  

 


場所  渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
(渋谷駅より徒歩5分)
東京都渋谷区桜丘町23-21
(アクセス:http:// www.shibu-cul.jp/access.html)

 

 

入場料 前売り券 ¥1,500(当日券¥2,000)

 

 


    ■ ■ ■ ■ ■ ■  

 


指揮  松下耕(音楽監督・常任指揮者)



ピアノ 前田勝則

 


    ■ ■ ■ ■ ■ ■  

 



演奏曲目

  
    ◆男声合唱組曲「柳河風俗詩」
     作詩: 北原白秋 作曲: 多田武彦


    ◆2017耕友会全合唱団共通プロジェクト
     コダーイ没後50年記念ステージ
     『コダーイ・ゾルターンの遺言 2』
      「Fölszállott a páva」
      「Huszt」
      「Karádi Nóták」
      「Bordal」


    ◆男声合唱組曲「秋の瞳」
     作詩: 八木重吉 作曲: 松下耕


    ◆男声合唱とピアノのための組曲「新しい歌」[改訂版]
     作曲: 信長貴富


主催  インターカレッジ男声合唱団Voces Veritas / 耕友会
後援  東京都合唱連盟 / JCDA日本合唱指揮者協会
     廣瀬屋旅館(http://www.hiroseya.com/

チケットはe+(イープラス)よりお買い求め頂けます♪
http://eplus.jp/sys/T1U14P002211322P0050001

Voces Veritas 公式HP
http://voces-veritas.com/
Facebook
https://www.facebook.com/VocesVeritas/
Twitter
https://twitter.com/vocesveritas
Youtube
https://goo.gl/VWaCGG

 

 

f:id:bungo618:20170225211730j:plain

 

f:id:bungo618:20170225211743j:plain



今回の演奏会について団員さんから
聴きどころをご紹介いただきました。



今回の曲目、
一見オーソドックスかもしれませんが
合唱ファンにはたまらない選曲ではないかと
自負しております。
実は今回が多田武彦、信長貴富作品の
組曲通しては初演奏となります。


第1ステージ
実はこのステージが一番楽しみです(笑)
松下耕が振るタダタケは
最近では珍しいのではないでしょうか。
男声合唱好きの松下ですのでこれは激アツ必須です。

第2ステージ
コダーイの没後50年を記念したステージです。
コンクールで披露した「Fölszállott a páva」の他、
松下も今回初めて演奏するという
「Bordal」という曲に注目していただきたいです。

第3ステージ 
こちらも今や男声合唱の定番。
やはり作曲者自身の指揮というところが
かなり聴き所ではないでしょうか。

第4ステージ 
やはり終曲「一詩人の最後の歌」は必聴です!
松下本人も
「松下耕がガチで振る!一詩人の最後の歌!
  ……【信長版】!!!!」これで宣伝頼むよ!
と言っているぐらいですので。
かなりのガチンコです!!

平日金曜の夜ではありますが、
名曲の数々とVoces Veritasの爽快感MAXの演奏を
多くの方に聞いていただきたいです。

 

f:id:bungo618:20170225212013j:plain

 



団員さんのご紹介で十分な気がしますが(笑)
古典にして名曲の「柳河風俗詩」。
ハンガリーの空気を感じさせるであろうコダーイ。
秋、そして人間の哀しさ、課題曲にもなった「秋の瞳」。
イメージ溢れるピアノの前田先生と
VVの若さ、松下先生の音楽がぶつかり合う予感の
最終ステージ「新しい歌」…と
確かに聴きどころが満載の演奏会ですね!

VVは鳥取の全国大会では朝1番の出演でしたが
心のありようを真っすぐ音にしたような声と
松下先生のセンスが結びつき、
「コンクールを忘れさせる演奏」と
周囲でも非常に好評でした。

 

団員さんも書かれたように
「名曲の数々とVoces Veritasの爽快感MAXの」
きっと良い演奏会になることと思います!


予定の空いている方は、ぜひ!!