音楽

「謎謎」

最近リピートが止まらない曲とPV。 PVはファンによるもので非公式。 だけど公式かと思うほどのクオリティ。 謎謎の答えを考えるだけではなく、 「人」へのラブソングというだけではない、 好きなものへのメッセージとして考えても、深いです。 「だけどそれ…

テレビ番組のお勧め

みなさん、年末いかがお過ごしでしょうか? 24日の谷川俊太郎さんのニコニコ生放送、 とても良かったですね! いま、この瞬間に詩人が語る自作の「生きる」「さようなら」に 胸が掴まれました。 タイムシフトでもう1回観ようと思ってます。 さて、25日…

近況とこれから

●全国大会一般部門Aグループ・Bグループ演奏順 ブログ:指揮者の独り言から。 演奏順がほぼ決まっているようですね! しかも選曲も8割がた分かっているそうで。 一応、今年の一般部門の「あれやこれや」は書く予定です。 これから色々とメールを書いて送る…

合唱曲と他ジャンルの共演

合唱道楽 歌い人:So-netブログさんのところで トルミスの男声合唱曲「Raua needmine」のRockバージョンが 紹介されていましたよ! 合唱はエストニア国立男声合唱団。 ドラムとギター、そして語りは拡声器でシャウト! 見事に元の音楽とハマってます。いいで…

お弁当を食べながら

ふと聞き止め、ほろっと来たこの曲。 調べてみると弁当チェーンのCMソングで2年も前とか。 作曲者は・・・菅野よう子。やっぱりねぇ! 詩もなかなか。「暖かいリレー」になるほど、と。 温かいお弁当の先には暖かい手がある。 作ってもらっていたときは全く…

連休のこと・「船に乗れ!」

ど、どうもご無沙汰しています。 私は元気です。 連休にも入り新緑が輝く晴天を隅で見ながら 二度寝すると言う贅沢を噛みしめております。 「コーラスガーデン」の続きも沈黙をいつまでも通していられないので 明日あたりにUPできればいいなあ。 あ、ちょっ…

ドミトリー・フェイギン&新見フェイギン浩子 チェロとピアノの夕べ

くらしき作陽音楽大学はたびたび無料、あるいは格安で 学内にてコンサートや公開レッスンを開いてくれている。 感想をこのブログへ載せることは滅多に無いのだけど 今回のコンサートは「お!」と思ったので。

矢野顕子「右手(ELLEGARDEN)」

ほぼ日の「矢野顕子さんと『音楽堂』ができるまで。」 http://www.1101.com/ongakudo/2010-02-10.html 矢野顕子さんと病に倒れたプロデューサー:吉野氏との共闘。 いろいろとプロフェッショナルな人の姿勢が刺激になった。 最後のこの回は「ピアノを調教す…

ウェブサイトのURLを入れると、サイトを音楽に変換してくれる

このサイトをどうぞ! http://www.codeorgan.com/ ウチのを入れるとやたら不似合いなオサレな音楽なのに笑ったw ほぼ日のを試しに入れるとやたら長い・・・どういうプログラムなんだろ。

「のだめカンタービレ」最終回  

「のだめカンタービレ」最終回・・・だというので 掲載誌の「Kiss」を買ってきてしまいました。 ことさら深刻になることも無く 「あれから何年後・・・」的な展開にもなることなく (12月に予定されている番外編ではわからないけど) 最後まで軽やかで、そ…

ハーモニー

新しい号が届いていました。 http://www.jcanet.or.jp/harmony/index.htm 個人的に面白かったのは 淀川工科高吹奏楽部指揮者:丸谷明夫先生へのインタビューですね。 徹底的な個人練習や、姿を見せないオーディションなど 合唱との違いが興味深いです。 (合…

ロレボ

ちょっとしたきっかけで知った 作家:筒井康隆氏のHP。 笑犬楼大通り 偽文士日碌という名の日記もあり、 もうすぐ75歳になるというのに これだけ活気のある活動と文章を保っているツツイ氏に驚嘆。 筒井氏の本は学生の頃、夢中になって読んだ。 「家族八景…

近況・雷の表現

この暑さでPCがヤラれました。 DVD機能が壊れてえらい動作がおっそい前のPCを使っています。 保証期間はまだあるのですが・・・保証書が見つからない!ギャー!! いいよ、いいよ、もういいよ・・・とヤケの毎日です。 いや、いつか見つけるけどね。…

バッハ・コレギウム・ジャパン 倉敷公演

2009年6月5日 19:00開演 倉敷芸文館 指揮:鈴木雅明 野々下由香里〈ソプラノ〉、ダミアン・ギヨン〈カウンターテナー〉、 水越 啓〈テノール〉、ドミニク・ヴェルナー〈バス〉 合唱と管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン プログラム:J.S.…

「ブラバンキッズ・ラプソディー」

本の雑誌に「キムラ弁護士小説に挑む」という連載があって これ、本来はミステリーなどを読んでもらい、 弁護士的な考察で矛盾点や良く出来ている箇所を述べてもらう、 という趣旨の連載だったのだけど 最近はけっこう普通の書評となっている。 (それでもそ…

EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX live tour "Station"

EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX live tour "Station" 5月24日 (Sun) open 18:00 start 19:00 岡山CRAZYMAMA KINGDOM 横浜にいた時の8年ほど前からエゴラッピンは聴いていたが 実はライブへ行くのは初めて。 行ってみたら「なんで今まで行かなかっ…

「Life's for sharing」

イギリスのトラファルガー広場にて 13,500人を集めてマイクを渡し 「Hey,Jude」を歌ってもらうという T-mobileという携帯通信サービス会社のCM。

「アリアンナの嘆き」 ロベルタ・マメリ

素晴らしい演奏会へ行ってしまいました。 2月12日、広島県民文化センター PM6:45〜 イタリア出身、ソプラノの新星:ロベルタ・マメリ(Roberta Mameli)さんを迎えた 同じくソプラノ波多野睦美さんと リュート:つのだたかしさんの演奏会。 17世…

チェルシーの唄

ネットで久しぶりにこの曲を耳にしまして。 手のひらの愛(チェルシーの歌) CM元の明治製菓には専用のページがあり 作曲家の小林亜星さんが語られています。 http://www.meiji.co.jp/sweets/candy_gum/chelsea/song/song.html スコットランドやアイルラン…

世界を変えたオーケストラ 続き

松原さんの「ぼくは見ておこう」 、続きが来てましたねー。 これを読むと、 グスターボ・ドゥダメル氏、 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラを作り上げた 「エル・システマ」という青少年人材育成システムが 気になります。 こんなブログを見つけました…

世界を変えたオーケストラ

2009年明けました! 今年もよろしくお願いします。 夜に更新する予定だったのですが どうしても伝えたいものがあったのでいま! 年末年始も休まず更新する「ほぼ日刊イトイ新聞」 、 その中の松原耕二さん「ぼくは見ておこう」 という エッセイが前から…

クリスマス!

更新がしばらく滞ってました・・・。 休んでいる間にいろいろありましたが、 (そういや12月22日でこのブログも1周年でした) これからはこちらの更新もがんばっていこうかな!と。 そう、例の感想もリクエスト20件到達してしまいましたしね〜。 さて…

廣瀬量平先生死去

11月24日、C型肝炎原因による肝硬変、肝がんから 肝不全となり、京都府立医大附属病院にて亡くなりました。 78歳でした。 (廣瀬量平事務所公式HPより) http://www.hirose-ryouhei.com/ 高校生の時は廣瀬先生の曲ばかり歌った毎日でした。 「五つのラ…

名古屋旅行記

MIWO演奏会へ行く前に 少しだけ時間があったので食事をすることに。 行く前にちょっと調べてみたら、 名古屋ってけっこう東京の有名店が出店してるんですね。 イタリアンだったらラ・ベットラ・ダ・オチアイとかアロマフレスカとか…。 フレンチだったら…

合唱団MIWO「ヨハネ受難曲 (BWV245)」演奏会

「文豪の部屋」掲示板に書き込まれていたのに 長らく放置してすいませんでした! お詫び、という訳ではないのですが 私も楽しみにしている演奏会なのでこちらでも宣伝を。 **************************** この場をお借りして合唱…

ベアリング・グロッケン

どもー。間が空いてしまいました。 先週の土曜から月曜まで横浜・東京をぶらついておりました。 主な目的は3年に1度の現代アートの催し「横浜トリエンナーレ」だったんですが 他にもCAお姉さま方に料理を作ってご奉仕したり カザルスホールへ合唱聴きに…

The Beatles Gregorian Songbook

「近年、リヴァプールから30マイルほど離れた修道院で、驚くべき中世の手稿譜が発見された。その内容を分析した音楽学者によると、なんと記されていた音楽はあのビートルズの曲と酷似しているという。作曲者とされているのは、ジョン神父、ポール神父、ジョ…

ムノツィルブラス「ボヘミアン・ラプソディー」

イトウキネンシンガーズ掲示板から(伊藤さんに感謝!) http://6624.teacup.com/kanda/bbs この映像はなかなか凄いですよ。 基本的に金管7人のブラス。 映像はライブのアンコール「ボヘミアン・ラプソディ」 基本的に、と書いたのはブラスなのにまず歌から…

ツァラトゥストラはかく語りき

お久しぶりです、文吾です。 特に何があったわけではないのですが、 なんだかこちらの更新をお休みしておりました。 無事を知らせる、という意味でコチラの動画をご紹介。 確かにひどい(笑)・・・って、ホントに無事なのか?

最近読んだ本:ボクたちクラシックつながり

ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書)作者: 青柳いづみこ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/02メディア: 新書購入: 3人 クリック: 14回この商品を含むブログ (27件) を見る 副題の「ピアニストが読む音楽マンガ」というこ…