さくら

 
 触れても触れても遠い気がする、と書いたのは大島弓子



 





 そこに咲くだけで日常の風景が祝祭的なものになる。






 金木犀の香りと桜の花びらは、元旦に新年を迎える時よりも
また新しい1年が巡ってきた気になるのは私だけでしょうか。