読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逝く五月に

 


今年は酷い花粉症と体調不良が治ったのもあって
ことさら光輝いているように思える五月でした。

 

詩も詩人の名前も忘れてしまったけど
「八月の緑は惰性。
 鬱蒼と繁ったそれよりも、私は五月の新緑を愛す」
そんな言葉を思い出す五月の終わりです。


さて、五月を題材にした合唱曲にはどんなものがあるだろう。
すぐに思い出すのは小林秀雄先生の「優しき歌」から
「I.爽やかな五月に」(詩:立原道造)だろうか。
無伴奏混声合唱曲として有名なこの曲、
最近は生演奏で聴く機会が少ないが
是非とも若い世代に演奏して欲しい名曲です。

三善晃先生の無伴奏混声合唱組曲「じゅうにつき」は
「ろくがつ」から始まり「ごがつ」(詩:谷川俊太郎)は最終曲。
家にノース・エコーさんの
良い音源があったはずなのだがどこ行ったかなあ…。

 

寺嶋陸也先生の「ニ月から十一月への愛の歌」の
「五月のうた」(詩:谷川俊太郎)は
女声版が全日本合唱コンクールの課題曲になった。
凄く好きな曲。
やっぱりこれも若い世代に歌って欲しい。
「永遠のMAY~♪」
(あれ? 混声版はまた違う詩、音楽なんだっけ)

 

新実徳英先生の混声合唱とピアノによる音画集「海の記憶」から
「2.五月」(詩:川崎洋)なんてマニアックかなあ・・・。
千葉大学合唱団のコンクールでの演奏が記憶に残っています。

 


他にもきっと良い曲はたくさんあるのだろうけど、
月曜から残業して疲れた頭ではここまで。
詩の題名に無くても詩句に「五月」がある曲は多いんじゃないかな。
「文吾っ・・・あんな良い曲があるのに~!」
と思われた方は是非コメントして下さい。

 


あー、でもやっぱり五月っていいですね。
新緑に煌く光、伸びゆく枝々と青空。
すべてのはじまりに共通する爽やかさと清々しさ。
そして成長と未来の香りがする五月。

 


そうそう、この曲を忘れてはいけません。

 

尾形敏幸先生の混声合唱組曲「春のために」から
「3.少女に」(詩:寺山修司)
「五月」を表した合唱曲として個人的にエバーグリーンな名曲です。

 

この岐阜県立多治見北高の演奏がなかなか良いんだよね。
https://itunes.apple.com/jp/album/chunnotameni-shao-nuni/id332960672?i=332962223


試聴無料で1曲200円だけど全17曲1500円なんで
全曲買っちゃえば!
(…と、1曲だけ買ってから
 また全曲買い直して損した私が申します・・・)

 

 

 

 

 

 

少女に

 

 

たれでもその歌をうたえる
それは五月のうた
ぼくも知らない ぼくたちの
新しい光の季節のうた

 

 

 

 

f:id:bungo618:20140527094659j:plain