全国大会あれこれ 前編

 

 

 



全国大会で起こった出来事を紹介する「全国大会あれこれ」。
久しぶりの復活です。


 


●良いところだね、鳥取

 




来る前まではホテル不足が指摘され、
さらに約ひと月前には鳥取県中部地震も起こり
「大丈夫?」と心配されていた全国大会。

私も隣県とはいえ行ったことの無い県。
岡山駅から特急スーパーいなばに乗り
(途中の駅で座席の向きを逆にするのに驚く)
夕方に着いた鳥取駅。

 

 

f:id:bungo618:20161124233955j:plain

 

 


改札から降りてまず目についたのは「歓迎」の看板!
駅や街のあちこちに「歓迎」の張り紙があり。

 

 

 

f:id:bungo618:20161124234023j:plain

f:id:bungo618:20161124234033j:plain

 


それ以外にも飲食店やタクシーの運転手さんや
温泉番台のおばあさんに至るまで歓迎モードで
「…良いところだなあ、鳥取」と思ったのでした。

飲み会の帰りに寄ったマッサージ店のお兄さんが
「鳥取でこんなにたくさんの人を見たのは
 初めてですよ!」と言っていたので
そういう理由があったのかも・・・。


 

 

 

 

 

 

 

 

 



●鳥取県民の心を騒がせた演奏

 

 

 


19日の大学ユース部門、
5年ぶりの全国出場となる
混声合唱団名古屋大学コール・グランツェさん。
課題曲:角を吹けが終わり、
続けて自由曲の「貝殻節」を演奏中に
その「事件」は起こった!


 


そう!地元のおばあちゃんが
グランツェさんの「貝殻節」に反応して
つい拍手をしてしまったのですね。
一瞬「演出?」とも思ったけど
1階客席から聴こえてきたのでそんなはずはない。
(あ、ちなみに「してさまう」→「してしまう」だそう)


知人のこのツイートを見て、
おお、そうなんだ~と納得したのですがさらに。

 

 

 

 

・・・なるほど。
地元の人を思わず拍手させる演奏をしたグランツェさん。
コンクールとしてこの拍手は
マイナスだったかもしれないけど
(ちなみに金賞第2位を受賞)
10年後も20年後にも
「自分たちの演奏は、演奏中に地元の人が
 思わず拍手してしまった演奏なんだよ!」って
自慢できるんじゃないかな?

 

いろんな意見はあるだろうけど、
少なくとも自分はいづみさんのツイートを見て
そのおばあさんを咎める気持ちは消えてしまいました。

 

 

 

 

 

 







●音符と音符の間に書かれているもの

 

 



審査員:池辺晋一郎先生の講評が素晴らしかったという
意見が多かったので
CANTUS ANIMAE団内指揮者:H鹿さんによる聞き取りと
I.C.Chorale指揮者:村上先生のツイートを転載します。

 


作曲を生業とするものとして
楽譜をどうとらえるのかということ。
ステージに関係するものとして
ステージの意味ということについてお話したい。

楽譜には書きたいことの10分の1も書けないもの。
残りは?というと行間にある。
それを探し出して、
紡ぎなおさないと音楽にはならない。
自分たちの音楽としてショウカ、
これは消化と昇華の二つの意味で言っていますが、
ショウカしたものが音楽として説得力をもつ。
そこまで表現しないといけない。

次は響きの大切さということ。
歌い手の表情や視線を見ると指揮者を見ている。
その図形の中で(音楽するのでは)つまらない。
空間を感じること、響きの大切さ。
このような響きの良いホールで演奏できることを
大事な体験として生かしてほしい。
いくつかの団体は明らかにそれができていた。
しかし、音楽は野原で歌っていい。
(空間を?)仲間と遠く飛翔させて。

 

 

 


H鹿さん、村上先生、ありがとうございました。




(全国大会あれこれ 後編に続きます)